ボーダーランズ プリシークエル 感想

皆さんこんにちは。

今回はボーダーランズダブルデラックスコレクション。

「ボーダーランズ プリシークエル」と「ボーダーランズ2」がセットになったソフト。

プリシークエルの序盤を進めての感想です。

 

 

四月頭にウルトラHD対応のパッチが配信され、話題になりました。

ひっそりと四月一日までのセールが行われ、二日にセールの存在に気づいた私は縁がなかったと購入を断念。

ところが、四日にまたひっそりとセールが開催されていたので、ポチッと購入しました。

GWでもセールやっているようで、セールがフィーバーしていますね。

トゥーン調のグラフィック

洋ゲー、トリプルA、シューター。

この条件が揃ったゲームで、トゥーンレンダリングを用いているのは、個人的に知っている範囲ではかなり少ない気がします。

 

 

日本のトゥーンレンダリングを用いたゲームに多い、アニメ調のレンダリングとはまた違う、濃いめの色使い。

 

 

デザインからしてクセだらけのゲームキャラに非常にマッチしています。

このグラフィックのおかげで、ブラックジョークが連発され、さじ加減を間違えれば殺伐になりかねない会話も、違和感なく受け入れられました。

 

ちゃんとRPGだった

一人称、メイン武器は銃。

ばりばりのFPSのにほひです。

正直、私はFPSは苦手です。あんな小さな頭に狙いなんてつけられないし、敵の位置も把握できなくて気づいたら蜂の巣です。

そんな私でも、なんとか進められています。

 

 

大きいのは間違いなく、スキルの存在。

日本のRPGでいうところの、魔法や特技です。

色々なタイプがあるようですが、特にL1で発動できる必殺技的なスキルが強力です。

時間経過で回復するので、敵に遭遇したら使う位の勢いで使用しています。

ピンチになったら逃げてスキルの回復を待つ、というせこいプレイングも時たま飛び出ますが、勝てばよかろうです。

 

 

FPSだと数個しか持てない武器も、バッグに詰めて何個か持ち運べます。

その中から性能のいい武器を選んで装備。

いらない装備はショップで売却。

稼いだお金で弾を買ってさあ出発!

あ、これFPSじゃなくてRPGなんだ、と実感した瞬間です。

とりあえず操作できれば、シューターの腕はあまり関係なく楽しめそうです。

 

主人公選びは慎重に

最初に、六人のキャラクターの中から好きな主人公を選べるのですが、ここは慎重になったほうがいいかもしれません。

 

 

ふざけた世界観に合っているし、と適当な理由でこのキャラクターを選びましたが、スキルがかなり癖のある性能をしており、どう育てていいかさっぱりです。

 

 

このメッセージが出た時点で引き下がっていれば……!

 

 

このメッセージで、引き下がってさえいれば……!

この手のゲームには、初心者向けの素直なキャラクターがいるはずなので、私みたいにシューター苦手な自覚のある人は、おとなしくそういうキャラクターを選びましょう

教訓になりました。

 

まとめ

FPSが苦手な人でも楽しめそうな、しかしやっぱり人は選びそうなタイトルです。

会話にブラックジョークが満載なうえ、いかにも洋ゲーと言わんばかりの濃いキャラクターたち。

逆に、洋ゲーライクなノリが好きな人、大丈夫な人なら問題なく楽しめると思います。

トゥーンレンダリングを扱うゲームの中でも、グラフィックはかなりの完成度です。

興味がある方はぜひプレイして、ボーダーランズという世界を楽しんでほしいですね。