CODE VEIN プレイ中!

9月発売のソフトですが、10月頭くらいになにか唐突にプレイしたくなり、あれよあれよという間に購入していました。

コードヴェイン。本文中では収まりがいいのでカタカナ表記でいきます。

 

 

荒廃した世界観。

人の血を吸って生きる、人から変異した不死の存在吸血鬼 レブナント

その吸血鬼がさらに暴走して理性をなくした怪物堕鬼ロスト

ダークソウルから一気に流行した、難易度の高いいわゆる死にゲー。

などなど日本人が好きそうなものがばかすか注ぎ込まれた本作。

なんか無性にプレイしたくなった、という自分でもうまく説明できない間隔が購入動機なんですが、その感覚は間違っていませんでした。

このゲーム、すごく面白いです。

 

 

ストーリーがまずいいですね。

自分がキャラクリしたキャラクターがちゃんとイベントシーンでカッコよかったり。

女の子はエロ……かわいかったり。

でもそんなこんなよりアクションです。

アクションというか、戦闘がとても面白いです。

 

 

正直ツッコミどころはたくさんあるんですよ。

敵がモーションとは全然関係なく軸で回転するから滑っているように見えるとか。

バディというシステムで味方キャラを連れていけるけれど、決して頭がよくないとか。

探索が大きな要素のひとつだけど、自分が行ったことのない場所を把握するすべがないとか。

細かい点まで列挙し始めるときりがないと思います。

 

 

でも、そんなのが気にならないくらい面白いんです。

というより、そういった気になる点もうまくゲームの面白さとして昇華されています。

例えば、バックアタックという、敵の背後から攻撃すると大ダメージを与えられる攻撃があるんですが、敵がするする滑るように回転するおかげで、狙うのがなかなか難しいです。

決して狙えないわけではない。

けれど、狙いすぎると失敗して手痛い攻撃をもらって逆にピンチになってしまう。

非常にいい塩梅になっています。

 

 

バディも決して頭はよくありませんが、バディに敵の注意をひきつけておいて回復したり、逆に自分に注意をひきつけてひたすら防御しながら、バディに安全圏まで敵を減らしてもらうといった具合に、自分がバディを使うことでその性能を引き出してやることができます。

こういう、ゲームならではの不自然な点って、最近のどんどんリアルになるゲームでは切り捨てられている要素だと思うんですよね。

キャラはモーションときっちり違和感ないようにくっついて動きますし、NPCもほどほどに頭がいいです。

一方で、こういう不自然さがうまくゲームに生かされているというのを見なくなってきたように思います。

 

 

コードヴェインは、そんな不自然さがうまくゲームの面白さとして昇華されているゲームでした。

その不自然さが気になってしまう人も、私のように「なんだこのマジカル体幹!」とか「バディそこ絶妙に邪魔!」とかツッコミながらプレイしてみてもらいたいです。

コードヴェインの味わい、みたいなものがじわじわ感じられるようになる……かもしれません。

 

 

今回序盤で提示される目的を達成して、ストーリーの節目ということで記事を書きました。

周回前提で要素が組まれているようなのもあって、まだまだ先は長そうです。

アクションゲームでは近年まれにみる大ヒット作(私の中で)なので、じっくり腰を据えてプレイしていきたいですね。

お読みくださりありがとうございました。