ゼノブレイド2 プレイ日記#4 ようやくヒロインのお出ましだ!

前回のあらすじ

大仕事の前に、かくれんぼに興じるレックス君。

ゼノブレイド2ってクリアまでかなり時間が掛かるらしいです。

極力さくさく行きたいので、サブクエストはあまりやらない方針でいきます。

サルベージ用の探査船に乗り込み!

目的のブツは沈没船の中に沈んでいるようです。

この探査船で近くまで移動。

レックス君を含むサルべージャーたちがクレーンを取り付け。

探査船で一気に引き上げる、という手はずのようです。

引き揚げ―!

手前が探査船、奥が沈没船です。

沈没船はとても大きいんですが、このスクショだとわかりづらいですね。

うまいこと撮れるようになっていきたいものです。

本来はサルベージャーたちがさらに船内を探索します。

ですが、依頼人から「お前たちは入るなよ」とのお達しが。

しかし、上の仮面イケメン(多分)にレックス君はついてくるように言われます。

仮面イケメンと他二人を従えて、沈没船に侵入。

唐突ですが、このゲームにはブレイドと呼ばれる存在がいます。

このブレイドと同調する人間をドライバーと呼びます。

ドライバーとブレイドはお互いに力を合わせることで、強力な力を発揮します。

レックス君はドライバーではありません。

従えているほか二人はドライバーです。

設定的に肉体耐久値はレックス君よりかなり上のはずです。

ところがどっこい。

一般人のレックス君を盾に、安全圏から攻撃を行うドライバーたち。

ひどくない?

サルベージャーの皆さん、もっとレックス君の頑張りを見てあげて!

ひとりで敵の攻撃を一心に受け止めているのよ!?

クライアントなドライバーたちのパワハラを受けながら、先へ進むレックス君。

雑魚でもボスでも肉の盾になりながら、奥へ奥へと進んでいくと……。

ついに来ました、ヒロインです!

やったー、と思っていたら突然刺されたレックス君。ぐええ。

任天堂ハードだからか、刺された胸元は表示されませんでしたが、剣がぐさー。

悪訳面だとは思っていたけれど―!

刺されて死んでしまった主人公、レックス君。

ゼノブレイド2、完!