FFCCリマスター 感想

今回は「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リマスター」の感想です。PS4版。

名前全部カタカナで書くと長すぎたので、記事タイトルおよび以降の本文では略称で。

なお、一緒にゲームをプレイしてくれる友達がいなかったのでソロでプレイしたので、ネットで色々騒がれていたマルチプレイ時のロード時間については言及しません。

念のため、ソロプレイでも今どきのゲームにしては少し長かったものの、そこまでロード回数が多くなかったので気にならなかったことだけは記載しておきます。


ストーリー

瘴気に覆われ、人々はクリスタルの力で瘴気を浄化することでなんとか生きている世界での物語。

プレイヤーは、クリスタルの力を長らえさせるミルラの雫を求めて旅するキャラバンの一人として、世界中を冒険することになります。

一応本筋のストーリーこそあるものの、自由にマップを移動して各地で起こる様々な人々とのイベントを楽しむのがメインになります。

出典:ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター

イベントでは多くの癖のあるキャラが登場するため、彼らの物語を追いかけるのも非常に楽しいです。

私はちょっと積んでいるゲームが多かったため、最短でクリアできるルートを選びましたが、そういった個々のプレイスタイルを許容する柔軟さを持ったシステムになっていました。

逆に言えば、明確に目的が提示されることはないゲームなので、どんどんゲームに引っ張られたい人には向いていないかもしれません。

探索

マップの各地にはダンジョンがあり、ダンジョンでは戦闘の他多くのギミックが登場します。

わかりづらい

(もしかしたら見逃していただけかもしれないのですが)ダンジョンのギミックは基本的にノーヒントなので、自分で色々と試さなければなりません。

出典:ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター

一応、上に乗る、攻撃・魔法を当てるなど、ギミックに対して行えるアクションは限られているのですが、結局は総当たりになるうえ、なにか条件を満たした状態で特定の魔法を当てる必要があったりもします。

一応クリアはしたものの、結局いまだにどういう条件で成立していたのかわからないギミックなんかも。

今思うと、マルチプレイでみんなでわいわい言い合いながら攻略してほしいからこうなってたのかも、とも思いますが、私はソロプレイです。

戦闘

戦闘は武器による「たたかう」と各種魔石を装備しての魔法を使って行います。

たたかうは連続攻撃ができるのですが、タイミングよくボタンを押さないと連続攻撃にならず、焦っているときは何度も失敗してこちらの緊張感をいい感じに煽ってくれます。

面倒、という人もいるでしょうが、単調なボタン連打になりがちなところに程よいスパイスとなって私は好きでした。

出典:ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター

魔法はファイアやブリザドなどのファイナルファンタジーおなじみのもの。

私はプレイした種族が通常攻撃向きでしたが、グラビデで空を飛んでいる敵を地上に落としたり、ホーリーで通常攻撃が効かない一部の敵を実体化させたりなど、意外と活躍の機会は多かったです。

決して忙しくはないものの、ボタン連打ではない連続攻撃や、魔法によるギミックが散りばめられていて、飽きさせない戦闘になっていました。


総評は、派手な面白さはないが、飽きさせない工夫が随所に凝らされたゲームといったところでしょうか。

クリアした後に、「面白かったー!」とはならないけれど、「ああ、クリアしたんだな」という感慨を感じることができると思います。

あまりせかせかせず、のんびりプレイするのに適したゲームだと思うので、そういったゲームをお求めの方はぜひプレイしてみてください。

お読みいただきありがとうございました。