【GBVS】お空の駄文 #1

こんにちは、じーえーです。グランブルーファンタジーヴァーサス(以下GBVS)ではVSID「GAme860」でプレイしているので、対戦よろしくお願いします。

GBVSシーズン2がいよいよ始まりましたね。

私はシーズン1の終盤あたりで格ゲーからしばらく離れていたのですが、今回シーズン2に合わせて復帰しました。せっかく新シーズンなのだから、ということでキャラは追加キャラのベリアルを触っています。

格ゲーはちょくちょくやっているんですが、どうにも高いモチベが長続きせず途中からグダグダする→なんかそのままやめちゃう、というパターンが多いので、今回はモチベ維持のために記事を書いてみようと思い立ちました。

その時々の課題や、調査した情報などを基本書いていこうと思います。たまに感想をだらだらこぼすだけの記事になるやもしれません。とりあえずモチベ維持できればなんでもいいやの精神。

今回はベリアル触るのはいいけど、操作精度が残念な自覚があるので、自分用の妥協コンをまてめておこうと思います。


※キー入力はテンキ―表記

※屈曲=少々屈曲するのは普通だろう?

※キャンセルする場合はそのまま繋げて記述 例:2L遠L

※キャンセルしない場合は>で記述 例:2M>2L

画面中央

〇 2M>2L遠LLアスモデウス

下段始動。2Mから2L目押しはベリアルの必須テクになりそうなので練習しておきたい。2L2L>5Lなんかも可能。
カス判定になるがぎりぎり解放奥義が繋がるので、倒しきりにはそちらを使う。

〇 ~Hゴエティア.M屈曲>遠HLアスモデウス

近MやH系統の攻撃、連続攻撃を当てた時など、Hゴエティアが連続ヒットするときに使う。
2M先端からもHゴエティアまでは繋がるが、その後の遠Hが繋がらない。
倒しきりの場合は最後をゲージ技へ。

〇 2HMアスモデウス(1hit)>5MLアスモデウス

対空始動。相手の高さやカウンターヒットを考えずMアスモデウスまで入れ込んでいいのでとても楽。
高いとMアスモデウスが空振りするが確定がなく、低くてもMアスモデウスがロック演出に移行するだけ。
5Mで拾うのが距離にも左右されず簡単。判断できるなら近Hに変えてもいい。
最後のLアスモデウスを奥義に変えると当たらなかったり、当たってもロックしなかったりする。解放奥義は大丈夫。

画面端

〇 ~Hアスモデウス>近HHHLゴエティア.H屈曲

画面端起き攻めつきコンボ。基本どの始動からも入って簡単。
連続攻撃の最後をキャンセルHノトリアにしても屈曲の起き攻めが間に合うが、このゲームでコンボに昇竜入れると波動が暴発する……。
ゴエティアを使ったかっこいい端コンがあるものの、キャラと距離ごとに使い分けなきゃいけなさそうなのでもっとベリアルに慣れてから。

〇 ~Hアスモデウス>近HHゴエティア.H屈曲>(前歩き)近HHノトリアor奥義or解放奥義

画面端倒しきり。最後の前歩き近Hが難しい場合はそのまま奥義か解放奥義。その場合、ロック演出に移行しない場合があるので、テクニカル入力で出せるといい。

〇 2HMアスモデウス>5MMMLゴエティア.H屈曲

画面端2H対空始動起き攻めつき。めり込むからか中央と違ってMアスモデウスがスカりやすく、その後の近Hもなぜかヒットしなくなるのでこっちは必ず5Mで。

〇 2HMアスモデウス>5MHゴエティア.H屈曲>(前歩き)近HLアスモデウスor奥義or解放奥義

画面端2H対空始動ダメージ重視。基本上に同じ。


簡単でこれだけ覚えておけば戦えるでしょうコンボでした。

対空コンや端コンは状況判断が的確にできるようになればまだまだ伸びしろがありそうなので頑張りたいです。

JUとか使っていくのはおいおい……。

お読みいただきありがとうございました。