【雑記】ポケモンアルセウスと百年王国

最近ブログの更新頻度がひどいことになっているので、日記的ななにかを始めようと思いました。

このブログでは主にゲームの感想記事を取り扱っているのですが、いかんせんクリアしないと記事にならないので、上げられないときは全然上げられません。

もともと、対戦ゲームをプレイしているうえ、最近ボイロ実況も作り始めたので、記事にできそうなゲームをプレイする時間がなかなか確保できていないんですね。

ここらへん、今色々と時間の使い方を見直しているのですが、効果が出るかどうかは半々といった期待値。

なので、クリアしてなくても、今週はこんなゲームやってこんな感じだったっていうのを記事にしていこうと思います。

需要? 謎です。多分ないと思います。

というわけで、今週は「ポケモン レジェンズ アルセウス」(以下アルセウス)をやってました。あと、ちょっとだけ「百年王国」を触りました。


出典:Pokémon LEGENDS アルセウス

アルセウス。なんと初代の3色以来のポケモンプレイです。

色々情報見てると、古い時代の話ということで、その初代を意識した演出が多いみたいですね。

戦闘のBGMは初代のアレンジっぽいですし、ポケモンの鳴き声が合成音声です。ビガァ!

このアルセウス。実は最初の2時間くらいはあんまり面白くないな、と思いながらプレイしていました。

ポケモン初のオープンワールドという触れ込みで買いましたが、一見するとそのオープンワールドがなにもないように見えたのが原因です。

開拓中の土地ということで、雄大な自然が広がる以外はほんとにポケモンがいるだけなんですよね。

他のオープンワールド系のゲームだと、遠目になにかが見えてあの場所に行ってみよう、とかが探索の動機になるわけですが、アルセウスにはそれが感じられない。

なので、探索が面白いわけでもなく淡々とストーリーを進めていたのですが、ゲームの目的はポケモン図鑑を完成させること→ポケモン図鑑を完成させるには色々なポケモンをたくさん捕まえなければならない、という図式が見えてきてから、一気に面白くなりました。

一見なにもないオープンワールドには、ポケモンという探索の動機になる存在がうじゃうじゃいました。

それに気づいてからは、周りを見渡して「あっちにあのポケモンいるぞ」「知らないポケモン発見。捕獲だ!」といった感じで、一気に探索が面白くなりました。

他のオープンワールドが建物やアイテムで誘導しているところを、アルセウスはポケモンで誘導している。

これはポケモンという、その辺歩いて新しいポケモン捕まえて、という遊びが浸透しているポケモンならではのオープンワールドだな、とちょっと感動しました。

夢中になってポケモン捕獲していると道を外れて、オヤブンという強いポケモンと遭遇してしまうのもいいと思います。そりゃね、縄張り荒らしまくったらしっぺ返し来るよね。

出典:百年王国 ダウンロード版 – マイニンテンドーストア

あともうひとつやったゲームが百年王国。

マス目状に配置された土地を発展させると文明が成長し、ゲーム開始から100年後の発展度合いによってスコア評価が為される作業ゲーです。

文明を発展させる際、かわいい巫女の女の子がサポートをしてくれ、ゲーム中常に立ち絵で愛嬌を振りまいてくれます。

土地と巫女はゲームをクリアするごとに種類が増えていくみたいでした。最大数は確認していません。

なにげにこの巫女にもレベルがあって、文明と巫女の両方で高レベルクリアを目指すのがゲームの目標みたいですね。

作業ゲーとしては無難だと思いますが、いかんせんUIが不親切。

土地に配置した建物は進化させることが出来、建物ごとに進化のルートは決まっているのですが、このルートを確認する手段がゲーム中に(おそらく)存在しません。

作業ゲー自体は結構好きなので、とりあえず一周はクリアしましたが、二周目に効率的に建物を配置させていこうと考えた途端、この不親切さのおかげでとても面倒なゲームと化しました。

知っていることを思い出すのは脳がめんどくさい。

手元にメモを取っておけばいけるとは思いますが、いかんせんそこまでする気にもなれず……。

巫女のレベルが上がるとデレてくれるらしいので、どうせなら高レベルクリア目指したいですね。UI関連のアップデート、期待しています。


以上、今週プレイしたゲームでした。

しばらくはこんな形で、クリアまではいかないけど物申したい、をうまく利用して記事作ってみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。