【雑記】遊戯王で己の闇に向き合え

「遊戯王 マスターデュエル」始めました。

参照:遊戯王 マスターデュエル ダウンロード版

きっかけはとあるDiscordでの通話。

なんやかんやあってメスガキの話題になり、こんな発言が飛び出ました。

友人「そういえば、遊戯王にも蟲惑魔デッキっていう、メスガキデッキあるよ」

私「MA☆JI☆DE?」

私は即座にSteamを起動し、マスターデュエルをダウンロードしました。

もちろん私は強い大人なので、メスガキなんかには絶対負けません。

友人の話とネットで調べた情報を使って、早速蟲惑魔デッキを作りましたが、メスガキなんかには絶対負けません。

作った直後にめちゃくちゃ忙しくなって、作りはしたけどいまだにデッキを触ってもいないレベルです。

仕事には勝てなかったよ……。早くメスガキにわからせられたい。

蟲惑魔デッキの他にもエッ……魅力的なデッキを教えてもらったので、ちまちまプレイしながらそっちも作っていきたいな、と思っています。

この手の構築を楽しむゲームは、やっぱり持ってる情報量と情報の入手しやすさがプレイ意欲に直結する印象です。

昔シャドウバースも少しだけやっていたのですが、カード調べるのをめんどくさがった結果、特に作りたいデッキもなくなって長続きしなかった記憶があります。

遊戯王も「歴史が長すぎて新規では入れん」と思っていたのですが、今回思わぬきっかけで扉が開けました。

扉の向こうには煩悩という名の闇が広がっていましたが、人間、その手の欲求には正直になったほうが人生楽しい気がします。

ゲームを一緒にプレイできる友人ってありがたいですね。蟲惑魔デッキ教えてくれてありがとう!

ぼちぼちランクマにも潜っていこうと思っているので、デュエルよろしくお願いします。

どう? 俺とゲームをしようぜ。それも、ただのゲームじゃない。メスガキのゲームさ。

お読みいただきありがとうございました。