シンキング・シティ チャールズ・リードの冒険⑯

ボンバーガールに夢中になっているものの、さすがにシンキング・シティだけは終わらせたいなあ、と思って時間を縫ってやります。

メインクエストを進めている途中でサブクエストを見つけてしまったので、今回はサブクエストを進めていきます。

オープンワールド系のゲームは、メインとサブいつどのように進めてもいいよ、というゲームデザインになっている以上、ストーリーがどれだけ緊迫感がある状態でもぽんっと横道にそれることができるのが良し悪しですね。

サブ無視すればいいだけの話なんですけれど、見つけてしまった以上クリアしないのもなにか違う気がする……。

サブクエスト「安らかに眠る」です。

荒らされた墓

墓地で途方に暮れる男性を見つけたチャールズ。

話を聞くと、彼は墓守で、3つの墓から死体が持ち出されてしまったため、なんとか死体をもと通り墓に戻したいとのことです。

「死体の場所を教えてくれるだけでいいので探してほしい」と依頼されたチャールズは、持ち出された死体探しを買って出ます。

墓から抜け出したものの……

最初に調べた墓は、すぐそばに死体が放置されていました。

死体の状況は惨たらしく、すぐそばに化け物の死体があり、どうやらその化け物にやられてしまったようです。

掘り返された墓を調べると、墓の埋め方が甘く、おまけに棺の天板には大量のひっかき傷がありました。

どうやら墓が埋められた時点では中の人はまだ生きており、なんとか墓から抜け出したものの、運悪くそこで化け物と遭遇してしまったようです。

チャールズは遺体に祈りを捧げて、その場を後にしました。

……墓守はこんなすぐ近くにあった死体になんで気づかないんだろう、と疑問を胸に伏せたまま。

魔法使いの死体

次に調べた墓は、棺桶ごと死体が持ち出されており、周囲になにやら魔術的な小道具があったことから、普通の墓荒らしとは違うようでした。

その場に紙片が残されており、図書館の印が押されていたことからなにかの本のページであるようです。

図書館で調べた結果、最後に本を借りたのはとある企業であり、その住所も知ることができました。

さっそく企業の建物に向かったチャールズは、人に会うやいなやなんの勧告もなくいきなり銃を発砲されます。

この街にはまず話をする、という概念がないのか、と応戦し勝利を掴んだチャールズ。

無事建物内で棺桶に入った死体を見つけることができました。

死に際のロマンティック

最後に調べた墓は、非常に丁寧に棺が開けられていました。

墓に残されていたメモから、ここに眠っていた女性に懸想していた男性が掘り返したことがわかります。

メモから女性の名前がわかったので、それをもとに市役所で住所を突き止めます。

女性の住居には、ベッドで並んでいるふたつの死体がありました。

残されていた手紙から、男性が最後の時間を愛する女性と共にするために死体を持ち出したことがわかります。

歪さは感じるものの、化け物だらけの街で出会ったロマンチシズムにチャールズは短く祈りを捧げました。

まとめ

陰鬱な気配こそあるものの、割と平和な話でしたね(このゲームのプレイを通して価値観がおかしくなってる)。

メインクエストの流れも終盤っぽいですし、そろそろサブクエストも打ち止めな気がします。

がんばってクリアを目指したいところ。

今回はここまでになります。

お読みくださりありがとうございました。