Touhou Luna Nights 感想

今回は「Touhou Luna Nights」の感想です。海外製の東方シリーズのファンゲームだそうです。

インディーゲームがどんどん台頭しているおかげで、東方の同人ゲームもどんどん表に出てくるようになってきました。

Switch版発売で興味を持って、たまたまセールやっていたSteam版を購入しました。

最近ちょこちょことSteamでゲームを買っているのですが、やっぱり細かい頻度でセールしているのは強いな、と感じます……。

ハードによって違いもないとなるとなおさらね……。


ストーリー

私は東方シリーズは格闘ゲームっぽいということで「東方憑依華」のみのプレイになります。

そんな私ですが、Touhou Luna Nightsのストーリーは最後まで楽しませてもらいました。

流石にぼん、といきなりキャラが出てくると「誰これ?」とはなりましたが、その後の会話で主人公やほかの登場キャラクターとの関係性を簡単に紹介しつつ、うまいことキャラクター性も描写していたと思います。

出典:Steam:Touhou Luna Nights – アクションのゲーム

私がゲーム中で一番気に入ったキャラはにとりでした。

お助けキャラとして最初から最後まで登場することと、あとなんか全体的にかわいかったです。

アクション

Touhou Luna Nightsにおける一番の見どころは主人公の能力を再現した「時間停止」のシステムでしょう。

TIMEゲージというものを消費して、その名の通り一定時間主人公以外の時間を止めることができます。

TIMEゲージは時間経過で回復するので、ゲーム中はほぼ好き放題時間停止できるといっても過言ではないです。……いや、過言かも。

ゲームデザインも時間停止を前提としたものになっており、特にボス戦が非常によくできています。

出典:Steam:Touhou Luna Nights – アクションのゲーム

一見逃げ場がなさそうな弾幕を張られたとき、時間停止を利用することでその弾幕を抜ける方法を見つけた瞬間の達成感はこのゲームならではだと思いました。

ボスラッシュモードもあるので、攻略要素の強い2Dアクションゲームが好きな人はかなり楽しめると思います。

ステージ攻略

ここに至るまで全く記述がありませんが、Touhou Luna Nightsはメトロイドヴァニアを謳っています。

ただ、手に入れた能力を使って前探索した箇所で行けなかった箇所に行く、という要素はあったのですが、それらはパワーアップアイテムを手に入れるためのもので、ゲームを進める上では必須ではありませんでした。

なので、メトロイドヴァニアの中でも探索部分を重視している人には物足りないかもしれません。

そういった点もあって、ここの項目名はステージ攻略にしています。

出典:Steam:Touhou Luna Nights – アクションのゲーム

私の感想としてしては、気づかないとゲームが進めなくなる要素がなく、最後までテンポよく進めることができたので、これくらいでもちょうどいいな、と感じました。

探索要素が薄いものの、ステージ自体はギミックがしっかり作られており、ここでも時間停止が大活躍します。

悩むほどではないが、試行錯誤を何度か繰り返す絶妙な難易度だと思いました。

気になった点は、時間停止がTIMEゲージを消費して行うものなので、失敗した場合TIMEゲージが回復するまでの微妙な間ができてしまうことくらいです。


以上、Touhou Luna Nightsの感想でした。

2Dアクションが好きな人、メトロイドヴァニアのゲームが好きな人、両方とも楽しめる非常に完成度の高いゲームだと思います。

ドット絵もメインキャラクターたちはしっかり書き込まれていてかわいいです。

スクリーンショットをちらっとみて、「面白そう」と感じた方は、その直感に従って買ってしまっていいと思いますよ!

お読みいただきありがとうございました。